佐渡トキ応援お米プロジェクト「コープのトキ応援米 田植え交流ツアー」報告

2018年5月21日

日時 2018年5月12日(土) 
場所 佐渡市新穂地区
参加人数 24人

佐渡トキ応援お米プロジェクトの一環として、佐渡市新穂のトキロード近くの圃場で今年2年目になる「田んぼアート」の田植え交流ツアーを開催しました。今年の田んぼアートのデザインは新穂中学校の生徒のデザインによるものです。コープにいがたの参加者は大事な文字の「佐渡から世界へ」を担当しました。決められた色違いの苗を間違わないように真剣に田植えをしました。途中から子どもたちは生きもの調査もおこないました。

 昼食は地物を使った料理にシフォンケーキと越後姫でお腹いっぱいのごちそうでした。昼食交流後は、佐渡の伝統芸能「鬼太鼓」の演舞を鑑賞をしたり、堂林牧場では「わらび採り体験」をおこないました。牛にとってはわらびは良くないそうで、食べるとお腹をこわすそうです。

 今回は同じ地元生協であるコープクルコからも19名の参加がありました。組合員活動の交流の場となりました。

 その他、今年からメンバーとして参加している「Team ECOプロジェクト」の取材があり、佐渡の取り組みを年間を通してプロジェクトの中で発信していきます。

夏には素敵な田んぼアートが見れそうです。

田植えの後に全員で記念撮影      

田植えの後に全員で記念撮影

     
田んぼアートのデザイン      

田んぼアートのデザイン

     
アートの色ごとに違う種類の苗を植えます

アートの色ごとに違う種類の苗を植えます

今年の新卒職員も元気よく田植え

今年の新卒職員も元気よく田植え

泥まみれになりながらも頑張りました

泥まみれになりながらも頑張りました