コープにいがたからのお知らせ 報告

2015年11月13日

くらしの助け合い たんぽぽの会 「支援者・介護者の心のケアについての学習会」が開催されました

~たんぽぽの会は新潟市で、コープにいがたの組合員同士の助け合い活動として、病気・ケガ・高齢・障がい・子育て中などの理由で困っている方に、家事援助中心で有償の活動を続けています~


主 催:くらしの助け合い たんぽぽの会

日 時:2015年10月27日(火)10:00~12:00 

会 場:新潟県立生涯学習推進センター 大研修室 (新潟市中央区女池南3-1-2)

講 師:岩崎富美子氏  新潟信愛病院 看護部 教育担当課長 認定看護管理者

参加人数:33名

  活動の中で、また身近なところで、うつ病や認知症などさまざまな心の病を抱えている人たちに出会った時、どのような対応や心構えがあればいいのかを学ぼうと、「頑張りすぎずに続けられる、効果的な支援方法のポイント」と題した学習会を開催しました。講師に、心のケアを専門とする精神科看護師の教育に携わる岩崎富美子さんをお迎えし、うつ病・認知症・パーソナリティ障がいの特徴や対応、支援者・介護者の心のケアについて学びました。難しいテーマで広範囲にもかかわらず、岩崎先生の柔らかい語り口とわかりやすい講義内容から対処法のコツを教わり、頑張りすぎずに続ける6つのポイントを心がけていきたいという声が参加者から多く寄せられました。

こだわらない!「どうでもいい」じゃなくて「なんでもいい」「それもいいね」そして、笑顔!と語る岩崎先生

こだわらない!「どうでもいい」じゃなくて「なんでもいい」「それもいいね」そして、笑顔!と語る岩崎先生

生活協同組合コープにいがた ページの先頭へ