コープにいがたからのお知らせ 報告

2014年06月02日

くらしの助け合い たんぽぽの会主催 「高齢者疑似体験・車椅子体験」の学習会を開催しました!!

~たんぽぽの会は新潟市で、病気・ケガ・高齢・障がい・子育て中などの理由で援助が必要な方のために、組合員同士の助け合い活動として、家事援助や保育の有償活動を展開中です~



2014.6.2a.JPG2014.6.2b.JPG

5月27日(火)28日(水)たんぽぽの会活動会員対象に、活動や日常生活でも役立てられるようにと「高齢者疑似体験・車椅子体験」の学習会を開催しました。両日合わせて19名の参加がありました。

昨年に引き続き「はあとふるあたご(ユニゾンプラザ店)」さんが開催している高齢者疑似体験に参加させていただきました。講師の安達さんから歩行器、手すり、くつ、介護用ベッド、車椅子の扱い方の説明を受けました。また実際に装具をつけて高齢者の日常生活の不便さを体験しました。

今回は実際に車椅子を屋外で体験したり、車への移乗体験もでき、通院介助に役立つ知識を学習することができました。今後も車椅子の扱い方を身に付けるため、形は少しずつ変えても介護の勉強会を続けていきたいと考えています。

 

 

 

参加者感想

 

・     声をかけながらの介助が大切だなと改めて感じました。

・     介護用品をいろいろ説明してもらい今後何かのときに役立ちそうです。

・     高齢者の疑似体験をして、高齢者の不自由さを実感できました。たくさんの人に(特に同居の家族)体験してもらえたらいいなと思いました。

・     今のうちから筋力トレーニングをしておこうと思いました。

・     車の移乗は良かったです。参考になりました。

生活協同組合コープにいがた ページの先頭へ