食物アレルギーについて

1.食物アレルギー

  1. 人の体には、細菌やウイルスなどの病原体が入ってきたとき、それらを除いて体を守る「免疫」という働きがあります。ところが、この免疫が食べ物や花粉などに過剰に反応してしまうことがあります。これを「アレルギー反応」と呼んでいます。
  2. 「食物アレルギー」を持っている人がアレルギーの原因となる食品を食べると、かゆみ・じんましんや唇の腫れ、腹痛、おう吐、下痢、せき、ぜんそくなどの症状が現れます。場合によっては血圧低下や呼吸困難、意識障害などの重い症状(アナフィラキシーショック)が現れることもあります。
  3. 食物アレルギーのために、特定の食品を食べることができず、特定の食品を含まない食事をとらなければならない人がいらっしゃることを、認識し理解することが大切です。
  4. 食品表示法では特に発症者数や症状の重症度が高く、表示する必要性の高い食品を「特定原材料」として定め、表示を義務づけています。また「特定原材料に準ずるもの」を定め、可能な限り表示するよう推奨しています。(容器包装されていない商品は表示義務の対象外です)
アレルギー表示制度の表

※アレルギー物質が意図せず微量に混入することをコンタミネーションといいます。その場合、原材料表示欄外にその旨を注意喚起することが望ましいとされています。

2.食物アレルギーについての取り組み

産直産地とともに持続可能な農畜水産物生産に向けた取り組みを進めます。

  1. アレルギー体質の人にとってアレルギー表示は非常に重要な情報です。商品表示のみならず、宅配の商品案内、店内表示、問い合わせ対応など、正確かつ総合的に情報提供を行います。
  • コープ商品では原材料名として特定原材料・特定原材料に準ずるものの表示を行います。特定原材料についてはアレルギー物質名を枠で囲んで目立たせて表示を行います。
  • 宅配では特定原材料は商品案内で表示します。ECサイト(eフレンズ)では、各商品の詳細ページで原材料として特定原材料が含まれているかどうかを確認いただけるようにします。また、特定原材料を登録しておくことで注文の際に「この商品には組合員さんが登録したアレルゲンが含まれます」と表示されるようにします。
  • 店舗では、バラ売り商品の特定原材料を売場で表示します。
  • 商品検査センターでは、アレルギー検査を定期的に実施し、表示が正確であるかを確認します。(コンタミネーション含む)
  1. 特定原材料・特定原材料に準ずるものを含まない商品の開発・品ぞろえを進めます。