新潟中央エリア協議会「わんぱっくクッキング」開催報告

2018年8月15日

日時 2018年8月10日(金)
場所 ソレイユ三条 
参加人数 子ども19名・スタッフ7名

 三条市にて子ども達の夏休み企画として、小学生対象の料理教室を開催しました。まずは、『旬』を知ってもらおうと、春夏秋冬の旬クイズをしました。                            

 すいかの旬は?という簡単な問題から、わかめの旬って?というちょっぴり難しい問題などを通して、一番おいしく食べられるのが『旬』であることを学びました。また、花を見て実を当てるクイズもしました。これは正解率が高く、子ども達の物知りな一面が見られました。

 続いて、調理です。おうちでも簡単に作れるメニューをコンセプトに、もちピザ・ラタトゥイユ・じゃがりこサラダ・枝豆ご飯・ゼリーの5品を作りました。防災時に使えるビニール袋を使ったパッククッキングも取り入れました。各グループで協力し合い、注意深く包丁を使いました。おうちでお手伝いをしている子は手際が良く、初めての子は一生懸命取り組んでいました。

「子どもが参加できる料理教室がなかったので、新鮮だった」「家では出来ないことをやったので楽しかった」「包丁で切ることが楽しかった」等、子ども達は楽しく参加できたようです。