平和な未来のために

ヒバクシャ国際署名にご協力をお願いします

ヒロシマ・ナガサキの被爆者が訴える核兵器廃絶国際署名  被爆者は核兵器廃絶を心から求めます

コープにいがたは、核兵器のない世界の実現に向けて、「ヒロシマ・ナガサキの被爆者が訴える核兵器廃絶国際署名」(通称:ヒバクシャ国際署名)に取り組みます。ヒバクシャ国際署名は、平均80歳を超えている被爆者が「後世の人々が生き地獄を体験しないように、生きている間に何としても核兵器のない世界を実現したい」という想いから始まっています。被爆者の想いに共感し、核兵器廃絶を世界に呼びかける署名です。

ご賛同いただいた署名はヒバクシャ国際署名連絡会を通じて国連に提出します。より多くの方のご協力をお願いします(Web上からの署名も可能です)。

核兵器のない世界の実現に向け、理事長連名で意見や声明を発信

コープにいがたは、唯一の被爆国である日本が、世界の核軍縮交渉を推進する役割を果たすべきであると考え、コープネットグループの理事長連名で声明を発表しました。

理事長連名の声明