危機管理システムの確立

重大な事故が発生した場合に、その情報がトップに迅速・的確に報告され、適切に対応できるよう「クライシス・重大事故等対応規程」を整備しました。あわせて、連絡・報告、対策本部の運営手順を規定し、危機管理システムを確立しました。

情報セキュリティ

情報セキュリティ事故対応手順の冊子の写真

情報セキュリティ事故対応手順を制定

情報漏えい対策やコンピュータウイルス等の外部からの攻撃対策など管理を強化しました。さらに、万一、情報セキュリティにおける重大な事故が発生した場合の手順として「情報セキュリティ事故対応手順」を制定しました。

地震災害・自然災害への対応

災害時の事務局設置・行動の訓練の写真

災害時の事務局設置・行動の訓練

地震災害や風水害などの大規模災害は、あらゆるステークホルダーに甚大な影響を与える可能性があります。

大規模な災害で被害・障害を受けた場合でも、早期に事業を継続できるよう「地震災害対策書」「地震災害事業継続計画」の見直しや、図上演習、職員の安否確認訓練、無線通信訓練を定期的に実施しています。2015年に発生した栃木・茨城での豪雨災害の際には、行政窓口等との情報の連携を強め、正確な情報共有を進めました。また行政の緊急支援物資要請を受けて、物資調達など災害復旧支援を進めました。

生協の主なリスク分類

顧客満足に関わるリスク

  • ●商品の安全・品質、製造物責任
  • ●個人情報、機密情報漏えい
  • ●顧客満足

生協経営に関わるリスク

  • ●資産の減損、財務報告
  • ●情報管理
  • ●目標管理、経営環境激変

職員に関わるリスク

  • ●労働安全、就業管理
  • ●交通安全・車両管理、配達業務
  • ●内部業務運営

生協全体に関わるリスク

  • ●コンプライアンス
  • ●自然災害・防火・防犯
  • ●環境汚染

コープにいがたが加入するコープネット事業連合は2017年6月にコープデリ連合会に名称変更しました。
このページは旧名称の時期の記事を掲載していますので、「コープネット」としています。