コーポレート・ガバナンスの確立

コープにいがたは、コープデリグループとともにステークホルダーとの協同・連携を重視し、社会性・透明性・公正さ・適正さを確保しながら健全経営を行うことで、生協の価値の最大化を目指しています。その実現のため、ガバナンスの整備を経営の最重要課題の一つとしています。経営課題の迅速な意思決定と業務執行を行う体制をとり、理事会のもとに常勤役員会を開催しています。

また、専務理事直轄の内部監査担当を配置し、各部門の業務の適法性や有効性、内部統制の整備状況等の業務執行を監査し、経営の健全性の維持・向上を図っています。

コープにいがたにおけるガバナンス

コープにいがたにおけるガバナンスは、経営の社会性、透明性、健全性、公正さ、適正さを維持しながら、経営の効率性を高めることを目的としています。業務執行は、理事会はじめ、常勤役員会、各種会議によって運営しています。総代会はガバナンスの土台である組織の最高決議機関として、毎年6月に開催し、事業報告や事業計画・予算、役員(理事・監事)選任などの議案を議決します。

総代会の写真

業務執行体制

理事会は総代会の決定を受けて、戦略的な経営意思決定としての基本政策および業務執行に係る重要な事項について、毎月開催し、審議決定を行います。常勤役員会では理事会提案議題の事前協議・確認し、週次、月次等の事業や経営課題のマネジメントを行います。

監事会は、事業の適正さを確保するため、定款及び監事会規則・監事監査基準に基づき、監査を実施しています。会計監査は、公認会計士による監査法人と協力しながら進めています。

コープにいがたが加入するコープネット事業連合は2017年6月にコープデリ連合会に名称変更しました。
このページは旧名称の時期の記事を掲載していますので、「コープネット」としています。